News:付属諸学校
2013年9月1日号
学園オリンピックスポーツ大会開催
湘南校舎で熱戦! 練習の成果を競う

「学園オリンピック第48回スポーツ大会」が、8月6日から8日まで湘南校舎で開催された。男子8種目、女子7種目が行われ、付属高全14校の男女合わせて約2000人が熱戦を繰り広げた。

男子は3種目で優勝した付属相模高校が11度目の総合優勝。女子は2種目を制した3校が同点で並び、付属第五高校が2度目、付属仰星高校と菅生高校が初めて総合優勝の栄冠を手にした。

模擬生徒会で討論、小学生の高校生活体験

スポーツ大会と同日程で、「東海大学高等学校生徒会会長会議」も湘南校舎で開かれた。リーダーとしての思考や行動を学び、活動の活性化につなげることを目指して毎年実施されている。「相手に届く話し方〜伝わるように話そう!〜」など大学教員らによる講義を受けた生徒たちは、2日目の午後には3班に分かれて「模擬生徒会執行部」にも挑戦。地域の小学校からキャリア教育の一環で、「小学生に高校生活を体験させてほしいと依頼があった」という内容で討論した。

物理や化学などの実験や部活動の体験、学食での昼食といった高校生の日常を経験してもらうほか、保護者らに向けて一日の様子を伝える新聞を発行する、といった案も上がった。生徒たちは、「活発な議論ができて刺激になった」「このメンバーで実際に活動してみたい」と話していた。

関連記事:学園オリンピック夏季セミナー
関連記事:Pick Up「節目を迎えた理科&知的財産部門」

 
(写真上2枚)付属高全14校から男女合わせて約2000人が集い、湘南校舎のグラウンドや体育館で、熱い戦いを繰り広げた
(写真下)付箋にアイデアを書き出してまとめる