News:付属諸学校
2013年9月1日号
pick up 節目を迎えた理科&知的財産部門
理科部門★20回目 水質調査に挑戦

川からケイソウを採取し、その種類から水質を調査する実験に取り組んだ理科部門。顕微鏡で観察したり、種類を当てるクイズに挑戦したり、さまざまな角度から学んだ。

この部門に、昨年に引き続き兄妹で参加したのが、浅野優太さん(付属相模高校2年)と菜摘さん(同中等部2年)。「仲間とともに考えることで絆を深められるのが魅力」と優太さん。少し人見知りだという菜摘さんは、「初対面の人にも積極的に話しかける兄を見習い、全国の付属生と接することで自信がつきました」と話す。「来年も参加します」と兄妹は口をそろえた。


知的財産部門★10回目 10周年ロゴを制作

知的財産部門では10周年記念のロゴを制作。集まった21作品中、最も優れたものを決めるコンテストを開催した。「ひらめきをイメージして電球をモチーフに、シンプルな形にしました。デザインを考えるときも、アイデアが重要だということを実感しました」と、優勝した鈴木文乃さん(山形高校3年)。

作品はタンブラーとストラップに印刷され、同部門の生徒全員に配られた。鈴木さんは、「考えたものが商品になるのはうれしい! 人の役に立つものを作れるよう、生活の中に隠れたヒントを探していきます」と話した。

関連記事:学園オリンピック夏季セミナー
関連記事:学園オリンピックスポーツ大会を開催