News:スポーツ
2021年3月1日号
堅守速攻を武器に大学日本一!!
【男子サッカー部】
「負けたままでは終われない」

男子サッカー部が1月6日から23日まで、東京・味の素フィールド西が丘などで開かれた特例の全国大会「#atarimaeni CUPサッカーができる当たり前に、ありがとう!」で大学日本一に輝いた。2019年度に関東大学リーグ2部から神奈川県リーグへと降格しながらも、わずか1年で大学サッカー界の頂点へと駆け上がった強さの源に迫った。

昨年3月、8年ぶりに指揮官に復帰した今川正浩監督(体育学部准教授)が、チームの再建を目指して掲げたのは「堅守速攻」。選手たちに相手がボールを持てば、ポジション問わずプレスをかけ続ける献身的な守備への姿勢を求めた。この戦術には序盤から走り続けるスタミナはもちろん、空いたスペースを埋める選手同士の意思疎通も欠かせない。新型コロナウイルス感染症の拡大による春先からの活動自粛期間にも、4年生が中心となって限られた環境下での走り込みや筋力トレーニングを続けた。DFの面矢行斗選手(体育学部4年)は、「在学中には県リーグ降格も味わい、このまま大学生活を終わらせたくないという意地が原動力になっていた」と振り返る。

7月からは、徐々に全体練習を再開し、ゲーム形式の練習にも時間を割いた。米澤哲哉主将(同)は、「少しでも集中力を欠いたプレーがあれば、選手同士で厳しい言葉をかけ合ってきた。つらい練習も多かったが、日々チーム内での連携も深まっていく実感があった」と語る。

9月に開幕した#atarimaeni CUPの予選大会「アミノバイタルカップ関東大学トーナメント」では初戦で関東リーグ1部の明治大学を破るなど、格上相手に善戦し、5位で本戦出場権を獲得。

同時期に開催された神奈川県リーグでは初戦で横浜商科大学を17-0で破るなど全勝で他大学を圧倒し、2部との入れ替え戦も制した。

破竹の勢いで挑んだ#atarimaeni CUPでは、「初めこそ不安もあったが、勝ち進むごとに自分たちの目指してきたサッカーに自信が深まっていった」と選手たち。1部の上位校を次々に打ち破り、決勝では法政大学に1-0で勝利し、大学日本一に輝いた。

「選手たちはどんな相手にも物怖じせず、自分たちのサッカーをしようと走り続けてくれました」と今川監督。来季は関東リーグ1部昇格、そして大学日本一を目指す。主将には法大戦で決勝ゴールを決めた水越陽也選手(体育学部3年)が就任した。「最終ラインを支えてきた米澤さんや面矢さんをはじめ、4年生の抜けた穴は大きい。それでも、今大会の優勝につながった堅守速攻にさらに磨きをかけ、今回の大学日本一がまぐれではなかったことを証明したい」と意気込んでいる。


【Close up HERO】全国制覇の立役者がJの舞台へ

優勝に貢献したDFの面矢行斗選手がJ2の栃木SCに、FWの武井成豪選手(体育学部4年)がJ3のFC今治への入団を決めた。

日本を代表するSBに 面矢行斗 選手
中学時代から京都サンガF.C.のU―15に所属し、サイドバックとして活躍してきた。中学卒業を前に、付属大阪仰星高校の中務雅之監督(同校教諭)に声をかけられ、「熱い人柄を感じて進学を決めた」と面矢選手現役時代に同じSBだった中務監督から動き方や考え方など「いろははすべて教わった」と振り返る。3年時には全国高校選手権でチーム初の4強入りに貢献した。

大学進学後も、精度の高い左足のキックや豊富な運動量を武器に得点機を演出。キレのあるドリブルで相手守備陣を幾度も切り裂いた。「チームとしてなかなか勝てない期間も続きましたが、Jリーグのピッチに立ちたいと努力は惜しまなかった」と話した。

「負けたままで大学サッカーを卒業できない」と誓った今年度は攻守でチームを支え、関東大学リーグへの復帰、全国制覇の立役者となった。「チームメートと全国制覇へと進んでいく毎日が本当に楽しかった。最高の時間を過ごすことができた」と笑顔を見せる。

夢だったJリーグ入りを決め、「栃木SCのJ1昇格、そして今まで支えてくれたすべての方々への感謝の思いを込めて全身全霊をかけてプレーします」と意気込む。その先には海外リーグでのプレーも目指しており、「東海大の優勝メンバーとして恥じないプレーをするためにも、長所に磨きをかけるのはもちろん、課題に感じている体の強さも身につけて、日本を代表するSBになりたい」と意気込んでいた。

感動を与えられる選手になる 武井成豪 選手

東海大の10番を背負ったストライカーが、ラストチャンスを物にして夢への一歩を踏み出した。

武井選手は今シーズン序盤、故障の影響でなかなかピッチに立てない日々が続いた。アミノバイタルカップでもベンチメンバーから外れる時期が続き、チームが勝ち上がる中でも「精神的にもつらい期間だった」と振り返る。

それでも、同大会の5〜8位決定戦初戦の桐蔭横浜大学戦でピッチに立つと、0-2の劣勢からゴールを決め、チームの逆転勝利に貢献。#atarimaeni CUPでは、相手陣内を縦横無尽に駆け回り、献身的な守備を披露。ゴールこそ決められなかったものの、チームが目指す「堅守速攻」には欠かせないピースとして大学日本一に大きく貢献した。

大会後、FC今治のキャンプに参加するチャンスが届いた。Jリーガー相手にも、自慢の運動量やゴール前での駆け引きのうまさを披露し、見事内定を勝ち取った武井選手は、「正直、Jリーガーの夢はあきらめかけていた。最後の大会で声がかからなければ別の道を探そうと思っていたので、これからもサッカーが続けられることが本当にうれしい」と喜びを語る。

大学時代に身につけた守備への高い意識はもちろん、付属高輪台高校時代から磨き続けたドリブルやDFとの駆け引きを武器に活躍を誓う。「チームの勝利を決定づけるストライカーになるだけでなく、見ている人に感動を与えられる選手になれるように、今後も努力を続けたい」と抱負を語っている。

 
(写真上から)
▼決勝戦後のセレモニーで優勝の喜びを爆発させた選手たち
▼面矢選手
▼武井選手