News:スポーツ
2021年12月1日号
箱根路で「意地を見せる」
【陸上競技部駅伝チーム】悔しさ残る全日本

陸上競技部駅伝チームが、11月7日に行われた全日本大学駅伝対校選手権大会(愛知県・熱田神宮西門前〜三重県・伊勢神宮内宮宇治橋前/8区間106.8キロ)に出場。総合12位で、8位までに与えられるシード権獲得を逃した。来年1月2、3日の東京箱根間往復大学駅伝競走でのリベンジを目指す。

両角速駅伝監督(体育学部教授)は今大会について、「序盤の悪い流れを変えることができなかった」と振り返る。1区喜早駿介選手(体育学部2年)が区間16位と本来の力を発揮できず、その後も苦戦を強いられた。

本間敬大駅伝主将(同4年)は、「ミスが出たときにしっかりとほかの選手がカバーし、流れを変えられなければ、上位進出はできない」と悔しさをにじませた。

それでも、故障から復帰した松崎咲人選手(同3年)が2区で区間7位、4区では川上勇士選手(同)が区間5位に入るなど意地も見せた。両角監督は、「もちろん反省しなければならない点もあるが、選手たちは懸命に努力している。結果に一喜一憂せず、次の戦いを見据えていく」と語る。

箱根駅伝のシード権獲得に向けて、選手たちは神奈川県山北町の丹沢湖を周回する起伏のあるコースなどで練習に励む。距離の長い箱根駅伝では、前後に他大学のランナーがおらず、単独で走ることも多い。そこで、練習でも選手一人ひとりのスタートを細分化し、レース本番を想定した走り込みも増やしている。

「箱根駅伝に向けて残された時間は短いが、チーム全員で最後の意地を見せたい」と本間主将。全日本大学駅伝の悔しさを胸に、最後の大一番に挑む。

 
(上写真)4区で区間5位に入った川上選手
(下写真)2区で好走した松崎選手