News:学園
2016年6月1日号
ハワイから思いを届ける
「Charity Night For Kumamoto!」

アメリカ・ハワイ州オアフ島にあるハワイ東海インターナショナルカレッジ(HTIC)で5月6日、熊本地震で被災した地域や東海大学の学生の支援を目的とした「Charity Night For Kumamoto!」が開催された。 

HTICでは、地震発生直後から学生会などを中心に募金活動やメッセージの寄せ書き作成などを始めており、同イベントも学生会と学生寮のリーダーであるレジデント・アドバイザーが中心となって企画した。 

当日は学生や教職員に加えて、隣接するハワイ大学ウエストオアフ校の教職員、地域住民ら約250人が来場した。吉村卓也学長のあいさつに続いて、参加者全員で被災者に黙祷。音楽クラブとフラダンスクラブのパフォーマンスをはじめ、くじ引きやゲームも行い、来場者から多数の募金が寄せられた。 

また、22日には近隣地域のフリーマーケットに参加し、イベントで来場者が持ち寄った品物を販売=右写真。800ドルを売り上げた。 

学生会メンバーの中村俊介さんは、「遠いハワイからでも熊本の皆さんの励みになれるよう、ハワイ在住の方たちの協力も得て、熊本に向けたビデオメッセージも制作しています。今後インターネットで配信する予定ですので、多くの方に見ていただきたい」と話している。

【関連記事】熊本校舎の授業が再スタート
【関連記事】授業再開で復興への新たな一歩
【関連記事】管理を続ける職員の努力
【関連記事】熊本・阿蘇の仲間たちを応援!
【関連記事】タイでチャリティーコンサート

 
(写真)地域の子どもたちも熊本への思いを寄せ書き