News:スポーツ
2020年11月1日号
コロナ禍で異例のシーズンが開幕
【ラグビーフットボール部】
感染対策徹底し練習再開

170人をこえる大所帯のラグビーフットボール部。新型コロナウイルスの感染拡大により4月から活動を自粛していたが、7月から段階的に再開し、8月中旬の長野県・菅平高原での合宿でチームが再集結した。10月には関東大学リーグ戦が開幕し、3試合を終えて首位に立っている。 (10月27日記)

4月1日に大学から課外活動自粛の要請を受け、全国から集まる猛者たちは実家に帰省。吉田大亮主将(体育学部4年)ら数人は寮に残り、庭に置いた機器でのトレーニングなどで再開に向けた準備を重ねた。
 
春に予定されていた7人制ラグビーの公式戦や15人制の関東大学春季大会、他大学とのオープン戦はすべて中止に。木村季由監督(体育学部教授)は、「ラグビーは3密瓩鯣鬚韻蕕譴覆ざサ察コロナ禍で残っていけるのか不安になった」と、当時の心境を口にする。それでも、「スポーツは世の中に必要なものであり、我々はその価値を示さなければならない。選手や保護者とはオンラインで話し合う場を設け、再開するための方法を考えていった」と振り返る。

オンラインでのトレーニングは、自宅の環境などで実施できる内容に差が生まれることが課題に。選手が帰寮し始めた7月からは、1年生のケアも考えて各学年を縦割りにしたグループをつくり、上級生が下級生をサポートする体制を整えた。「自粛期間で生じたわずかな温度差をなくし、リーグ戦に向けて同じスタートラインに立てるよう意識した」という。
 

8月17 日から行った菅平合宿では、体力を取り戻すためのフィットネス練習を軸とし、他大学との合同練習やオープン戦は見送った。合宿を終えてからも、湘南校舎近隣にある4つの寮で手洗いや消毒といった感染対策を徹底。食事の時間をずらし、一部屋に集まる人数を制限するなど密を避けた生活を送っている。

リーグ戦白星発進 「一日でも長く戦いたい」
9月には関東大学リーグ戦の開催が発表され、感染対策を徹底したうえで有観客試合も組まれた。10月4日に開幕し、初戦の関東学院大学戦と次戦の中央大学戦(11日)は、湘南校舎ラグビー場を会場に無観客で開催。関東ラグビー協会や大学と協議のうえ、両チームの選手、スタッフを含め会場に入る人数は150人以下と制限。校舎北門とラグビー場の入り口での検温・消毒など、感染対策が徹底された。
 
本来であれば、ベンチ入りしていないメンバーがスタンドやインゴール裏で声援を送るが、人数制限のため寮で待機に。例年と大きく異なる開幕となったが、関東学院大に52―24と勝利し白星発進。続く中央大にも64―5と完勝した。

江戸川競技場で行われた17日の法政大学戦は今季初の有観客試合となり、選手たちは声援に代わり拍手の後押しを受けてグラウンドへ。大粒の雨に降られながらも相手ディフェンスを縦に突く攻撃で、31―19と勝利した。木村監督は、「スポーツの大会が次々と延期・中止となる中、多くの人の尽力があって試合ができている。チームはまだ不安定な部分もあるが、優勝に向けて修正していく」と意気込む。
 

全国大学選手権大会も、11月21日から1月11日まで開催が決定した。「一日でも長くこのチームで戦いたい」と吉田主将。悲願の大学日本一へ向け、コロナ禍のシーズンを突き進む。

 
(写真上から)
▼関東学院大とのリーグ初戦は湘南校舎で開催
▼試合後、控え選手たちがフェイスシールドをつけてスタッフ用のイスや机を除菌
▼法政大戦はスタンド右奥に陣取った控えの選手たちも応援