News:スポーツ
2021年9月1日号
【ダンスドリル】静岡翔洋中・高が2部門でV
【全国高校・中学校ダンスドリル選手権大会】
学園勢が全国の舞台で躍動

付属静岡翔洋高校・同中等部のチアリーダー部が、7月30日から8月1日まで丸善インテックアリーナ大阪で開かれた全国高校・中学校ダンスドリル選手権大会に出場。中等部がSONG/POM部門Small編成、高校がJAZZ部門Medium編成で優勝を果たした。同大会では初出場の付属甲府高校もKICK部門で3位に入賞するなど、各部門で学園勢が活躍した。


静岡翔洋高は、今年4月に映像審査で行われたチアリーディングとダンスの全国大会「USA Nationals 2021」のJazz 部門でも優勝している。しかし、動画の撮影は3月に行ったため、メンバーの半分以上が当時の3年生。望月直巳監督(静岡翔洋高教諭)は、「卒業でメンバーががらっと変わったことで動きがそろわず、1年生は体力づくりから始めた」と、基礎練習を積み重ねた日々を振り返る。 『You Raise Me Up』の曲にのせて披露した演技は、優れた振り付けのチームに贈られる特別賞「Best Overall Choreography」も受賞した。USA Nationalsではコロナ禍で休校や大会中止などが続いた悔しさを表現したが、部長の太田歩選手(3年)は、「今回は再び会場で踊ることができる喜びをイメージした。先輩たちの演技に、自分たちの代のカラーをのせて踊ることができたと思う」と語る。

同じメンバーで出場したSONG/POM部門Medium編成は惜しくも2位となったが、「力は出しきれた。メンバーの団結力も深まったと感じている」と話した。

中等部はSONG/POM部門Small編成で2015年度以来の部門優勝。USA Nationalsを2位で終えた後、悔しさを胸に練習に励んできた成果が表れた。

望月監督は、「中等部はドリルでしばらく優勝できていなかったけれど、今回は息の合った演技ができていた。春からよく成長してくれた」と、栄冠を手にした生徒たちをねぎらった。

初出場の甲府高KICK部門で3位

昨年度、同好会から部に昇格した甲府高チアダンス部が、6月に行われた甲信越大会のKICK部門で1位となり、初めて本戦出場を決めた。

同部門はポンポンを持たず足を上げる振り付けがメーンとなる。甲府高は2分の演技の中で50本以上のさまざまなキックを取り入れた。部長の臼井柚葉選手(3年)は、「蹴り上げるときのスピード感や一体感が大切。柔軟はもちろん、足の筋肉を鍛えるトレーニングにも力を入れてきた」と振り返る。

本戦当日は極度の緊張から泣き出す生徒もいたが、「やってきたことを信じて、声をかけ合って臨んだ。踊り始めてから終わるまでは一瞬だった。入賞を目指していたので、3位に入れて本当にうれしい」と笑顔を見せた。

同部門は人数制限がなく、1年生から3年生まで13人全員で演技を披露した。中には高校から始めた生徒もいるが、「助け合い、誰も取り残すことなく成長できたことが結果につながった。何より“楽しかった”と言ってくれたことが一番」と顧問の小山ひかり教諭は話す。自身はチアダンスの世界大会優勝経験もあるが、「いくら言葉で伝え映像を見せても、体験しなければわからない感覚がある。大会後は練習でも “こうしたので見てください”と自分たちで考えて行動できるようになった」と成長を喜ぶ。

臼井選手は、「後輩たちにはさらに上の結果を残してほしい」と期待を寄せる。創部から約1年、甲府高チアダンス部が新たな一歩を踏み出した。

 
(写真上)JAZZ部門で優勝、SONG/POM部門Medium編成で2位と好成績を残した静岡翔洋高チアリーダー部
(写真下)初出場で全国3位に入賞した甲府高の選手たち