News:教育
2021年11月1日号
観光業界の今を調査・研究
【観光学部】アフターコロナを見据えた取り組みを

観光学部の遠藤晃弘講師のゼミに所属する4年生がこのほど、「コロナと観光」(Report of Survey COVID-19 ANDTOURISM)を制作した。学生たちは昨年春ごろに各自が取り組みたいテーマを発表し、グループに分かれてフィールドワークやインタビューを実施。コロナ禍で激変する観光業界の今を、学生の目線で見つめた調査報告書を完成させた。

山梨県の「NIPPONIA小菅 源流の村」に着目したグループは、村内に点在する約100軒の空き家を分散型の宿泊施設にリノベーションし、3密回避の宿泊・観光を提供している様子や、マイクロツーリズムによって観光客がコロナ前から倍増して雇用が生まれていることなどをまとめた。保坂奈那さんは、「コロナ禍で近距離旅行への関心はより高まりました。持続可能な観光を形にできれば、コロナ禍の観光として成立するのでは」と提案した。

梶原遼太郎さんらは、神奈川県藤沢市の江の島周辺の混雑具合をインターネット上で確認できる「ENOMAP」について現地調査。藤沢市観光協会へのインタビューでは、「現場で混雑具合を判断する際にコロナ前の混雑状況が基準になってしまっている」といった課題が聞かれたことに触れ、「コロナ収束後、観光に行ける環境づくりが大切になります。藤沢市の取り組みも、観光を復活させるヒントになるのでは」と期待を語った。

遠藤講師は、「学生自らが考え、問題意識を持って行動し完成させました。3年生も同様の取り組みを始めており、こうして困難な状況に直面する観光の現場を丁寧に調べることで、これからの観光のあり方を考えていきたい」と話している。

 
(写真)インバウンド向け観光事業者の実態調査や新しい生活様式における高齢者・障がい者の観光、アウトドア産業の発展など多彩なテーマで研究した学生たちは、完成した冊子を手に笑顔