News:スポーツ
2020年12月1日号
オータムカップ優勝
【男子バスケットボール部】
全日本インカレへ弾みつける

男子バスケットボール部が、10月10日から11月7日までエスフォルタアリーナ八王子などで開催された「オータムカップ2020」で優勝に輝いた。

今年度は新型コロナウイルス感染症の拡大により関東大学リーグ戦が中止となり、代替大会としてトーナメント戦が実施された。東海大学は初戦で拓殖大学に79-48、2回戦で専修大学に88-70と勝利し、準決勝では白鷗大学を73-53で制して決勝へと駒を進めた。

茨城県・つくばカピオで行われた大一番は、昨年度のリーグ戦王者である大東文化大学との対戦に。試合序盤は一進一退の攻防が続くも、八村阿蓮選手(体育学部3年)や佐土原遼選手(同)らを中心に得点を重ね、第2Q終了時点で40-25と差を広げた。勢いそのままに第3Qを60-42で終え、第4Qは大倉颯太選手(同)と河村勇輝選手(同1年)を中心としたゲームメークで試合を掌握。持ち味のディフェンスは最後まで緩むことなく相手の得点を抑え、79-47で勝利した。

陸川章監督(体育学部教授)は、コロナ禍での大会開催に感謝するとともに、「ディフェンスのチームであることを体現する試合になった。メンバーを入れ替えても勢いが衰えない層の厚さも勝因」と分析。

また、大会の優秀選手賞に大倉選手と八村選手が選出。大倉選手は、「コロナによる活動自粛期間もミーティングを重ね、優勝に向けてどこよりも準備をしてきた自信がある。試合を重ねるごとにチームが成長していく実感があった」と笑顔で語った。

チームは12月7日から13日まで国立代々木競技場第二体育館などで開かれる全日本大学選手権大会(全日本インカレ)に出場する。2年ぶりの大学日本一を目指す。

ルーキー・河村選手 才能ある30人に選出

河村選手がこのほど、ビジネスマガジン『Forbes JAPAN』12 月号(10月24日発売)の企画「30 UNDER 30 JAPAN 2020」に選出された。突出したビジネスセンスや才能を持つ30歳未満の30人を紹介する企画。

同誌から副賞として「Montblanc」のボールペンが贈られ、11月24日に湘南校舎で山田清志学長から手渡された=写真。

 
(写真上) 優秀選手賞を受賞した大倉選手