News:スポーツ
2022年1月1日号
【駅伝チーム】悔しさ糧に上位進出へ
【箱根駅伝】一矢報いる戦力は十分

陸上競技部駅伝チームは、1月2、3日に東京・大手町から箱根・芦ノ湖間で開催される東京箱根間往復大学駅伝競走(10区間/217.1キロ)で上位入賞を目標に練習を積んでいる。新春の大一番に注目だ。(12月21日記)

昨年10月の出雲全日本大学選抜駅伝競走で9位、11月の全日本大学駅伝対校選手権大会では12位と、悔しい結果が続く陸上競技部駅伝チーム。それでも両角速駅伝監督(体育学部教授)は、「2つの駅伝を終え、選手全員が危機感を持ったこともあり、これまで以上に内容の濃いトレーニングを積めている」と話し、「選手たちの成長には目を見張るものがある。今年度最後の駅伝でしっかりと意地を見せたい」と手応えを口にしている。勝負の命運を握る往路市村選手が意欲見せる
 
今大会の目標は、総合6位以内。各大学も力をつけており、前半からハイペースで進む展開が予想されるが、両角監督は、「エースが集う1区から3区でどれだけ我慢できるかが勝負を左右する」とレースを見据える。

前半区間の出場に意欲を見せるのは「自分の走りでチームを勢いづけたい」と語る市村朋樹選手(体育学部4年)だ。1万メートルで東海大学歴代3位となる28分3秒37を持ち、好成績に期待がかかる。前々回の箱根駅伝7区で区間3位に入った松崎咲人選手(同3年)や今夏の日本選手権大会1500メートルで7位につけたスピードが持ち味の溝口仁選手(同2年)、出雲、全日本と好走を続けている神薗竜馬選手(健康学部2年)も11月から12月にかけてさらに調子を上げており、「主要区間でも戦う自信がある」と口をそろえている。

故障者も続々復帰 ルーキーの活躍にも注目

復路のスタートとなる6区山下りでは、昨年度同区間5位に入った川上勇士選手(体育学部3年)に注目。今年度は「最初の上り坂と下った後の平地でも力が出しきれるように、練習を積んできた。前回よりもタイムを大幅に縮められる自信もある」とさらなる飛躍を予感させるセリフも聞かれた。
 
ほかにも昨年度の全日本大学駅伝6区で区間賞を獲得した長田駿佑選手(同4年)や、長いリハビリを経て12月の合宿で好調を維持する金澤有真選手(政治経済学部3年)ら故障からの復活を期す選手もいる。ルーキーも粒ぞろいで、佐久長聖高校2年時に全国高校駅伝競走大会2区区間賞を獲得した越陽汰選手(体育学部1年)や粘り強さが武器の梶谷優斗選手(同)らが顔をそろえる。アップダウンの激しい区間では、上り坂を得意とする吉田響選手(同)も出番をうかがう。
 
近づく大一番に向け、本間主将は「エントリーした全員が自信を持ってスタートラインに立てる状態にある。集大成となる箱根路で上位に食い込みたい」と力強く目標を語った。出雲、全日本の悔しさを糧に、一矢報いるための戦力は十分に整った。

東海大学では箱根駅伝に向けた特設応援サイトを開設。エントリー選手や両角監督らのインタビューなどが掲載されている。詳しくはこちらを参照。

 
(写真上)12月15日には湘南校舎で報道陣に練習を公開。記者会見も行われ、両角監督や本間主将らが大一番に向けて意気込みを語った
(写真下)市村選手は11月の丹沢湖マラソン20キロの部で優勝。「ロードレースへの苦手意識を払拭できた」と手応えを口にした