特集:東海大生200人に聞きました
2020年4月1日号
電子マネー使っていますか?
所持率98.5パーセントと学生生活に浸透

Suicaやnanaco、iD、PayPay……。2019年10月に消費税が10パーセントへと引き上げられ、「キャッシュレス・ポイント還元事業」が実施されている。これに伴い、電子マネーを使い始めた学生も多いのでは? 東海大生200人にメリットやデメリットを聞いた。(学部・学年はアンケート実施当時/構成・編集)

「電子マネーを使っていますか?」の質問に回答者の98.5パーセントにあたる197人が「はい」と回答。学生生活にも広く浸透しており、利用先としては「鉄道」が174人で最も多く、「コンビニエンスストア」が151人、「バス」が117人で続いた。「切符を買う手間が省けて、遅刻せずにすんだ経験がある」(生物学部1年・女子、教養学部2年・男子ほか)、「財布を忘れてもご飯や飲み物を買えた」(情報通信学部4年・男子)と学生生活の助けになったという声も多い。

使う理由では、170人が「支払いがスムーズ」と回答し、68人が「ポイントがたまる」と答えた。「財布を取り出すのが面倒なときに、カードやスマートフォンで会計がすむのは便利」(生物学部1年・女子)、「コンビニでよく買い物をするので、値引きやポイントが還元されるのは助かる」(基盤工学部2年・男子)といった好意的な声が多く聞かれる。

一方で、「どのようなことに不安や不満を感じますか」という質問には、105人が「チャージが面倒」、89人が「使いすぎてしまう」と回答。「種類が多すぎる」(工学部3年・男子)、「スマートフォンで決済するようになり、電池が切れた際のリスクが増えた」(観光学部1年・男子)という意見もあった。

アルバイト先で電子マネーを犹箸錣譴覘畭Δ卜つ学生からは、「使えないことを伝えると買い物をやめるお客さんも多い」(理学部1年・女子)、「読み取る端末にエラーが起きたときに対応が面倒」(教養学部4年・女子)といった意見も。

メリットもデメリットもある電子マネー。あなたはどのように使っていますか?

学生たちの声から
Q.電子マネーに感じるメリットやデメリットを教えてください
▶利用したときにたまるポイントはとてもお得で、便利な時代になったと感じている(政治経済学部4年・女子)
▶財布を持ち歩かなくてよくなり、身軽な状態でテーマパークを楽しめるようになった!(観光学部4年・女子)
▶支払いのときに現金が足りなかったが、ポイントで支払えた(文学部3年・女子)
▶ネットショッピングの際にポイントを使って、送料を無料にしている(海洋学部3年・男子)
▶電子マネーは現金に比べて、どれぐらいお金を使ったかがわかりづらいため、つい使いすぎてしまう(医学部5年・女子)
▶チャージしすぎて現金不足(農学部3年・男子)
▶「割り勘」をするときに現金を持ち合わせていない人が増えてきた(海洋学部3年・男子)
▶電子マネーの種類が多くてどれがいいのかがわからない。誰か教えて(文学部4年・女子)
▶急にたくさんの電子マネーが普及してきて、だまされてしまうのではとどこか不安になる(海洋学部1年・男子)
▶アルバイトをしているとき、どの電子マネーを使うのかを言わずに無言でスマホをかざしてくる人がいる(工学部2年・男子)
▶現金を使わない時代が来るのか……。ついてこられない人もいるのでは?(情報通信学部2年・男子)
▶やっぱりお札が好き(文学部3年・女子)

 
【学生アンケート調査】●調査期間:2020年1月10日〜2月7日●調査対象者:東海大学在学生(湘南校舎:128人、代々木校舎:4人、高輪校舎:10人、清水校舎:18人、伊勢原校舎:15人、熊本校舎:12人、札幌校舎:13人)●調査回答数:200人●調査方法:ヽ慇献皀縫拭爾謀豎ぢ膤愎景WEB版のアンケートフォームから回答を得る▲ャンパス内でアンケート用紙を直接配布して回答を得る。