特集:東海大生200人に聞きました
2021年2月1日号
Q.今年の目標は?
2021年の幕開け―皆さんは、新しい目標を立てましたか? 新型コロナウイルス感染症の拡大が収まらず、11都府県に緊急事態宣言が発令されるなど、さまざまな制限が続く日々ですが、東海大生はどのような目標を持って新しい1年を始めているのでしょうか。「大変なご時世ではありますが、いろいろなことに『チャレンジ』していける1年にしたい」(観光学部2年・男子)、「コロナ禍の中でも達成感を得られるような1年にしたい」(情報通信学部1年・男子)といった前向きな声も聞こえてきます。学生たちの21年の目標を紹介します。(構成・編集部)


▼社会人とラグビーのプロプレーヤーとしての両立(体育学部4年・男子)
▼警察官を名乗るに恥ずかしくないような人間になる(教養学部4年・男子)
▼何事にも積極的に取り組み、自分の可能性を広げる(海洋学部4年・男子)
▼足の筋トレを毎日頑張る。今年中に10キロ減量(情報通信学部2年・女子)
▼自分と向き合い、人生を切り拓く!(文化社会学部3年・女子)
▼運動と勉強は毎日する。提出物がギリギリになりがちなので、早めに行動できるように心がける(工学部2年・女子)
▼4月から同級生に2年遅れてついに社会人。今まで何不自由なく育て、いつもそばで支えてくれた両親に、初任給でプレゼントを贈りたい。新型コロナで世界中が大変なことになっている今、一人の医療者として社会に貢献できるよう一日一日を大切に頑張る(医学部6年・女子)
▼就活を成功させる。卒業研究で自分の思っている目標に到達する(基盤工学部3年・男子)
▼自分の人生と向き合い、就職活動で後悔のない選択をする。残り少ない学生生活を目いっぱい楽しむ!(健康学部3年・女子)
▼社会人1年目なので、早く仕事に慣れて会社に貢献したい(生物学部4年・女子)
▼20歳になり、大人の仲間入りなので、責任のある行動をとる。新型コロナの影響でさまざまなことが制限されている中、自分にできること、やらなければならないことをしっかりと行う。美しい女性になる(政治経済学部2年・女子)

▼コロナ禍で観光産業は大きなダメージを受けているが、観光ビジネス学科生として観光振興につながる活動を企画し、参加したい(経営学部1年・男子)
▼大学生活1年目は思いどおりに送れなかったが、新型コロナが終息したときを考えて、今は我慢して学習する。来年度こそは実習や留学など多くの経験をしたい。親と離れ一人暮らしをしているが、初めての土地、初めての大学生活を楽しめるようにしたい。短い大学4年間を無駄にしないよう、大学は楽しかったと思えるような生活を送りたい(農学部1年・女子)
▼趣味を増やす。とにかく楽しむ。貯金。何か資格を取る、そのための勉強をする(国際文化学部2年・女子)
▼英検準1級を取得する(工学部2年・男子)
▼国家資格取得に向けた勉強と部活動を最後までやりきり、後悔しない1年にする(健康学部3年・女子)
▼第1志望の病院に就職する。単位を落とさず無事に実習を終える。体調を崩さない。国家試験の勉強をきちんとやる(医学部3年・女子)
▼2021年の目標は「動く」。社会人になる年なので主体的に行動し、たくさんの人に貢献したい(観光学部4年・男子)
▼TOEFL800点、大学院修士課程に合格(情報通信学部3年・女子)
▼会社に遅刻しない(海洋学部4年・男子)

 
【学生アンケート調査】●調査期間:2021年1月6日〜1月18日●調査対象者:東海大学在学生(湘南校舎:49人、代々木校舎:5人、高輪校舎:9人、清水校舎:13人、伊勢原校舎:12人、熊本校舎:6人、札幌校舎:6人)●調査方法:東海大学新聞WEB版のアンケートフォームから回答を得る。