特集:教育の現場から
2015年2月1日号
農学教育実習場のアグラップ
“技”と“知識”を伝授
自主的にスキルを磨こう


充実した実習場を活用して農業に必要なスキルを磨く―。農学部のある阿蘇校舎で2013年度から行われている「アグリ実学スキルアップ支援プログラム」(通称・アグラップ)。同校舎内の農学教育実習場の技術職員らが、“実習”を希望する学生たちに知識や技術を伝授しようという取り組みだ。2年目の活動も大詰めを迎えた1月、キャンパスを訪ねた。

雄大な阿蘇外輪山の一角にある阿蘇校舎は、牧場や農場、動物舎、果樹園、農産加工場などを併設した、全国の大学でも珍しい「牧場・農場併設型キャンパス」。アグラップは、充実した施設をより学生の教育活動に生かそうと始まった。

農学部では、応用植物科学科は農場や果樹園、応用動物科学科は動物舎、バイオサイエンス学科では加工場と、実習場を使った授業が開講されるが、「学生からは実習授業の単位を取得後も、現場で学びたいという声が多くありました」と農学教育実習場の岡本智伸場長(農学部教授)。

一方で、実習場の業務として必要な作業でも、開講時期や受講する学生数の制約などからカリキュラムに組み込めないものも多く、技術職員の間からも「教育に生かせないか」といった意見が出されていたという。

「かつては学生が実習の期間を終えても自主的に出入りし、職員の作業を手伝う様子が見られました。阿蘇の伝統ともいえる光景でしたが、近年の学生の多くは興味があっても自ら積極的に働きかけることが少なく、あまり見られなくなっていました。プログラムが実習場にかかわるきっかけにもなると考えました」と岡本場長は振り返る。


13年度には農学部と実習場、阿蘇教学課、九州企画調整課が協力し、九州キャンパス(熊本・阿蘇両校舎)が学生の教育効果向上などを目的として独自に展開している「教育活動支援プログラム」に採択。初年度は、所属する学科を問わずに選択し受講できる4プログラム21コース=表参照=に延べ200人が参加した。

阿蘇名物も作る充実のプログラム

「タンクから移された牛乳はパイプを通って高温殺菌機に入り、冷やされた後にパック詰めされます」。所狭しとパイプが張り巡らされた加工場の一角で技術職員が学生たちに指導する。「次は何をすればいいですか?」「その作業替わります!」と学生たちの元気な声も聞こえてくる。

阿蘇校舎で作られる牛乳は、飼育されているジャージー牛から毎日搾られたものを、加工場でパック詰めしている。野球部の寮や付属かもめ幼稚園の給食で出されるほか、一部はキャンパス内で販売されている牋ち斌省〞ともいえる商品だ。「牛乳の製造は大事な仕事ですが、加工場の広さや工程の関係で大人数で行う実習には入れていません。ただ、この機会に多くの学生たちにこの施設の役割を知ってもらえたら」とプログラム運営を担当する技術職員の伊藤正規さんは語る。

そのジャージー牛がいる畜舎でも学生たちがエサやりに搾乳にと、技術職員の指導を受けながらテキパキと作業をこなしていた。「技術職員の皆さんの仕事をあらためて間近で見られて、理解が深まっています」と嶋村海人さん(3年)は充実の表情だ。

学科の枠をこえて多様な実習に挑戦

現在、実習場の技術職員は11人。岡本場長らと協力して、学生たちにプロの技を伝授している。今年度は2、3年生延べ300人の学生が昨年7月から始まったプログラムに参加し、学科の枠をこえて自ら希望する実習にチャレンジしている。

「学科では学ばないことでも、せっかくの機会なのでどんどん参加したい。授業の履修に合わせて出席できるのも魅力です」と話すのは大芝小百合さん(同)。松並花鈴さん(同)は、「バイオサイエンス学科所属なので、牛や豚などの家畜に触れる機会はほとんどありませんでした。畜舎ならではの道具の使い方も教えてもらい、勉強になりました」と話す。 

伊藤さんたち技術職員は、「私たちの作業を手伝ってもらうことで、こちらも新たな気づきがある。授業指導の改善にも生かしたい」と成果を語る。岡本場長は、「今後も継続していくので、より多くの学生に積極的に参加してほしい」と期待を寄せている。

すべてのコースが終了するのは3月の終わりの予定。新学期の始まる4月には、学生たちが修めたコースが記された修了証が、学びの証しとして農学部長から一人ひとりに手渡される。

(写真上から)
▽加工場で牛乳製造に挑戦。普段の実習では行われない内容だけに、学生たちは誰もが初心者。真剣な表情で説明に聞き入っていた
▽牛舎でのエサやりや乳搾りは実習場での大切な日課。学生たちもきびきびと仕事を手伝う
▽(下部2枚)草刈り機の操作や植物の栽培も学べるなど広範囲なプログラムになっている

 
場長に聞く
自ら行動する力を養おう
農学教育実習場
岡本智伸 場長(農学部教授)

農学部は創設以来、社会が求める人材を育成する学部として「座学にとどまらない実学」を尊重してきました。それは、農業の現場は刻一刻と変化しているうえに、生物や食物を相手にする学問であるからこそ、確かな知識のもとで臨機応変に適切な判断を下せる力を持った人材を育てなくてはならないからです。

学生たちにはアグラップを通じて、そういった力をつけてもらいたい。近年の学生たちは真面目で素直な一方で、受け身で、指示待ちの人が多いように感じています。だからこそ、プログラムへの参加を希望する学生には「自ら判断し、自らの考えで行動する」ことを意識して臨んでほしいと呼びかけています。

アグラップは既存の施設を効果的に使い、意欲ある学生の皆さんの背中を押すプログラムです。自らの力を伸ばす一つのきっかけとして、ぜひ挑戦してもらいたいですね。